犬の病気

病気

あなたは愛犬の赤信号を気づいてあげられますか?
犬の病気をしぐさや体の異常から分かるようにチェックポイントをまとめてあります。

可愛い愛犬といつまでも一緒にいたい

モグワンお試し子犬
犬は今では私達の生活に癒しを与えてくれる大切なパートナーです。
そして、このサイトをご覧になっているあなたと同様に私も犬が大好きです。

だから、このサイトはあなたと同じ目線で作りました。

この情報が少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

普段からコミュニケーションをしっかりとる為に、思いっきり遊んであげていますよね。
でも、1つ忘れてはいけないことがあります。

犬は感情を言葉で表現できません。病気になっても「ここが痛い」とか「ここがおかしい」とか伝えることができません。

だから、あなたももっとスキンシップをとって、体からの病気のサインに気づいてあげて下さい。

症状に少しでも気になることがありましたら、お近くの獣医師に診断してもらいましょう。

犬は人間より早く年を取って行きます。

犬の1年は人間の4から6年に相当すると考えて良いでしょう。

体調の変化や病気を早期発見するには、こまめに健康状態を確認する必要があります。

犬はかなりの重症にならない限り、痛みや辛さを表さないのです。

そのため、痛みを訴えたときには、手遅れになっている場合も多々あります。

特にシニア期では、身体の不調が頻発してダメージも大きくなりがちです。

ちょっとした身体の変化や病気に早く気が付けば、治療や症状を緩和することが可能です。

定期的にチャックして愛犬の病気から守ってあげましょう。

 

身体の一部に異変がある、動作がいつもと違うなど、毎日愛犬の身体や行動を見て、そして触れてチェックが必要です。

 

愛犬の健康管理は全て飼い主の責任です。

愛犬との散歩、

ブラッシングや歯磨き、

スキンシップ、

これらを通して毎日健康状態を観察しましょう。

また、愛犬が身体を自由に触れさせることに慣れしておくことも大切です。

動物病院での診察もスムーズに行え、早期発見にもつながります。

飼い主だからこそ出来る健康のチェックは、日々の習慣にすると良いでしょう。

愛犬の涙やけ・毛艶・臭いにアプローチ

口コミ女性2

愛犬の涙やけ・毛艶・臭いなど健康的な状態を維持してくれるドッグフードもあります。

人工的な保存料や香料などが一切使われていない安心して愛犬に与えられると評判です。

さらに鶏ささみ・鶏レバー・鹿肉・鰹節・マグロなど高級食材をふんだんに使用して「食いつき」は高く評価されているドッグフードです。

参考 このこのごはんドッグフード

このこのごはん

栄養バランスにすぐれ「総合栄養食」に認定されてます。

アレルギーになり易い小麦グルテンや人工添加物を含まないため、利用者が急増していると口コミでも評判のドッグフードなのです。